いなだしょうにか:稲田小児科

平成31年4月1日より、予約方法が変わりした。
電話予約から、ネットでの予約になりました。↓が予約サイトです。
https://chouseisancal.com/inada.shonika.yoyaku

「稲田小児科医院は乳幼児健診(3〜4か月、7カ月、10カ月、5歳)をおこなっています。川崎市の乳幼児健診のお知らせの文書の中に稲田小児科医院名が抜け落ちていますが、これは間違いです。当医院で乳幼児健診を受けられます。お間違いのないようにお願いします。」

お子様の育児、健康相談、予防接種、病気についてのご相談など、お気軽に御来院下さい。

☆ただ今受付事務のスタッフを募集しております☆


稲田小児科:川崎市多摩区菅北浦2−2−24

  [電話:044(944)3828]

救急車 ここにあります。
救急車 診療時間です。
救急車 予防接種が受けられます。
救急車 診療予約の取り方です。
救急車 診療のご案内・おしらせです。
救急車 いなだしょうにか・ツアー
救急車 求人情報


小児科医からの一口メモ

NEW 65.ジカ熱(ジカウイルス感染症)とはどんな病気?
 最近によく耳にするジカ熱とは、ヤブ蚊によって媒介するジカウイルスでおき る病気です。感染後3〜12日位に発熱(38.5度以上は稀)、発疹、目の充血、 関節痛、頭痛、筋肉痛、下痢、嘔吐等の症状が4〜7日間現れます。以前に流行 したデング熱に比べて軽症で死亡することはほとんどありません。ただし、妊婦 さんがかかると胎児に小頭症が発生することがあります。ジカ熱流行地への海外 旅行は避けましょう。

NEW 66.こどもの睡眠、昼寝をしなくてもいいの?
 こどもの睡眠時間は、1か月児で13〜16時間、1歳で11〜14時間、3歳で12時間、 6歳で10時間が目安です。睡眠の質や生活リズムを判断できるのは2歳以上です。 3歳では、昼寝を全くしない児が約10〜15%みられます。睡眠は量よりも質であ り、夜に熟睡できて昼間にぼーとせずに活発に動き回っていれば、昼寝をしなく ても大丈夫です。朝の光を浴び、昼間は活動し、夜は暗くして休むことが重要と されています。

1.お風呂場の注意
 1~4歳児の死因の第1位は不慮の事故であり、その約80%が風呂場の事故です。 事故防止には、風呂場のドアをマジックテープで固定する、特に実家へ子供を連れ て行ったときは要注意です。また、入浴中に電話に出るためや、上の子の衣服の 着脱などで浴室を離れることのないようにします。  洗濯機のそばに椅子などを置かない、洗濯機はふた付を用い、洗濯が終わったら 水をぬきましょう。1歳児に最も注意が必要です。

2.子供の睡眠
 子供の睡眠にとって早寝早起きが基本です。生活のリズムは生後2〜4ヶ月 ころよりできはじめますから、夜は若干暗くして静かに、昼間は明るくし楽しい 音を増やしてリズム作りをします。保育園児の場合では、園で昼寝を十分にとり、 また昼間働いているご両親もお子さんとのかかわりをもちたいため夜更かしに なりがちです。園から帰宅後、寝かせるまでの間はお子さんとの接触を最優先 にした上で、就眠時間を早めましょう。そのためには親が先に寝るのも一つの 方法です。

3.舌小帯
 最近、舌小帯の手術がよく話題になっています。舌小帯とは、舌の下側と 口の底とを結ぶひだのことで、これが異常に短く舌の動きが悪くなると 舌小帯短縮症と呼ばれます。乳児で哺乳が上手でない場合に、しばしば 舌小帯の手術が検討されます。しかし、統計上、哺乳障害の原因の中で 舌小帯短縮症の割合は少なく、哺乳低下が舌短縮症によるものであると 簡単に決めつけるべきではありません。乳児期の舌短縮症の手術については 慎重に考えるべきであり、安易に行うものではありません。

4. 新型インフルエンザについて
 今年4月よりメキシコから始まった新型インフルエンザ(H1N1)の流行は 瞬く間にアメリカ、カナダに波及し、日本でも多数の人が発症しています。 この新型インフルエンザの症状は従来の季節型インフルエンザと同様に、 発熱、鼻汁、咽頭痛、倦怠感などです。幸い、毒性は強くなく日本では 重症な患者さんはみられません。ただし、糖尿病や喘息の患者さんでは 重症化するおそれもあるので注意しましょう。

5. 新型インフルエンザへの対応について
 予防法や対処法は、毎年流行する季節性のインフルエンザと同じです。 人ごみはさけ、マスクを着用し、外出から帰ったらうがいをして、 石鹸で手をよく洗いましょう。室内は定期的に換気をし、 適度は湿度(50~60%)を保ちます。睡眠はしっかりとり、疲れを残さないようにします。 咳やくしゃみをするときは、鼻と口をティッシュで覆い、周囲の人から顔をそむけ、 1m以上離れましょう(咳エチケット)。

6. 頭を打撲した時にどのような場合にすぐに病院を受診すべきでしょうか
1.打撲してすぐに泣かない、ぐったりしたとき、
2.打撲後にひきつけをおこしたとき、
3.3回以上嘔吐があり、その後もはき気が続く、
4.手足の動きに左右差があったり、歩行がおかしい、手に持ったものをおとしてしまう、 眼の動きがおかしい、話を理解できない、話の内容がおかしい、
5.打撲部だけではなく、頭部全体を痛がる場合、
以上の症状があれば、ただちに病院を受診しましょう。

8.インフルエンザにかかったときに使われる解熱剤
 インフルエンザにしばしば使われる解熱剤には注意が必要です。最も一般的に使 用される解熱剤はアセトアミノフェン(商品名としてはカロナール、ピリナジン、 アンヒバ等)です。一方、重篤な合併症であるインフルエンザ脳症の発症との関 連から、バファリン(小児用バファリンを除く)やジクロフェナクナトリウム (商品名はボルタレン)、メフェナム酸(商品名はポンタール)は小児には使わ れません。

9.鼻血を出しやすい
 小児の鼻血は4~10歳の男児に多いといわれています。原因は無意識での鼻ほじり が最も多く、睡眠中にほじるため、起床時にシーツに血がついていることがしば しばみられます。かぜ、鼻アレルギー、鼻炎などがあると指ほじりはさらに助長 されますが心配のない鼻血です。一方、少量でも20~30分以上だらだら続くよう な鼻血は血液の病気によることもありますので医療機関を受診しましょう。

10.鼻血が出たときの出たときの処置
 小児の鼻血は通常は一時的なことが多く、適切な止血処置をすれば止まります。 出血している鼻の中にガーゼをつめて、鼻を親指と人差し指でしっかりと5〜1 0分位圧迫します。そのとき、頭をやや前傾させて、鼻血がのどに流れ落ちない ようにします。鼻血を飲み込むと気持ちが悪くなり、しばしば飲んだ血液を嘔吐 してしまいます。以上の止血処置をして、それでも鼻血が止まらない時は医療機 関を受診しましょう。

11.うつぶせ寝
 うつぶせ寝は安静が保て、眠りがよく、嘔吐が少ないという利点があります。一 方、うつぶせ寝が乳幼児突然死症候群との関連があるとされ、6ヶ月未満の乳児 では目をはなす時はあおむけ寝が安全でしょう。どうしてもうつぶせ寝でないと 寝ない場合は、硬い布団を使用します。柔らかい布団では、うつぶせ寝にした時 に口がふさがれて窒息の危険があります。6ヶ月を過ぎると自分で寝返りが出き るようになります。

12.指しゃぶり
 乳児期の指しゃぶりは発達の過程でみられるもので、多くは自然になくなります。 睡眠中に口からそっとはずしてあげるだけで充分です。2歳を過ぎても続くよう あれば、手指を使った遊びや、外での体を動かす遊びを沢山させましょう。3〜 4歳を過ぎても続くようなら、「よごれた指をしゃぶるのはやめようね。」とか、 「お兄さん(お姉さん)になったからやめようね。」と言葉による説得も試して みましょう。

13.寝ぼけ
 夜になかなか寝つかない子や寝起きが悪い子がいます。乳児は自分が守られてい るという安心感があってこそ眠りにつくことができます。顔色が見える程度に部 屋の証明は暗くして、寝つくまではそばにいてあげる、添い寝も抱き癖も心配あ りません。寝る前に、すきなおもちゃや、タオルなどを離さない子にはそのまま 持たせてかまいません。また、夕方の昼寝はやめましよう。朝は7時頃には部屋 を明るくしましょう。

14.寝つきが悪い
 子どもが夜中に突然に起き上がって家の中を動き回ったり、泣き叫ぶことがあり ます。このような寝ぼけは「睡眠随伴症」とよばれますが、多くは発達の途中で みられる一過性の症状で、成長とともに自然になくなります。しかし、あまり頻 繁にみられるようなら、「てんかん」と区別するために脳波をとることもありま す。寝ぼけに対しては、なだめると興奮しますから、危険防止に配慮しながら見 守りましょう。

15.言葉(1)
 言葉の発達は、耳に聴こえた音を自ら聴こうとし、しだいに語音の違いを識別 するようになり、ものを言葉に当てはめて、言葉の連なりを理解します。その後、 言葉を出す準備(指差し)を経て、音を言葉として発するようになります。もし も、2歳をこえても言葉をしゃべらない場合には言語発達遅滞を考えます。その 原因として、耳の聴こえや、知的発達、対人関係に問題がないのか、声を出す器 官に異常がないか、ことばを覚える環境が適切であるかを調べます。

16.言葉(2)
言葉の発達遅滞の原因として、難聴が発見されたときは補聴器の使用、療育セン ター等で発声の指導を受けます。知的発達の遅れによる場合は、表情を見ながら、 こどもの言いたい言葉を代弁してあげたり、関心があることを話しかけます。自 閉傾向があるときは、気に入ってる遊びを一緒に楽しみながら、声かけへの反応 を引き出したり、簡単な指示に従えるように教えます。他に原因がなく、言葉発 達だけが遅れる場合は、専門家による機能訓練が有効なことがあります。

17.おねしょの経過
夜尿は「体が覚えた癖」とも言われています。こどもの夜間の排尿調節は3〜6 歳で完成しますが、5〜6歳でも毎晩夜尿のある子は2.6%もいます。過去の調査 で、全く夜尿がなくなった子の平均年齢は7.3歳です。夜尿に際しての基本姿勢 は、ご両親は「怒るな、気にすうな」、子どもには、「安心、安眠、早起き」を 指導することです。その上で、おねしょの回数と時刻を記録して、寝入りばな型 か早朝型かを調べます。

18.おねしょの対応
おねしょは、初めは寝入りばなに出てしまうことから、だんだんと夜中に、さら に明け方にでてしまう過程を経て、最終的に朝までおしっこをしなくなって、夜 尿が治癒するという経過をとります。治癒を早めるには、寝入りばな型を早朝型 に移す努力が必要です。就眠2〜3時間前に夕食をすませ、その後の水分摂取を なるべく控えて、排尿をしてから就眠させ、早起きを心がけましょう。

19. ヒブワクチンとは
ヒブワクチンとは、インフルエンザ菌に対するワクチンのことです。インフルエ ンザ菌は、毎年冬に流行するインフルエンザウイルスとは異なり、ばい菌です。 このインフルエンザ菌は子供に、肺炎、敗血症、髄膜炎などの重症感染症を引き 起こします。特に、日本では子どもの髄膜炎の原因菌として第一位になっていま す。これに対するヒブワクチンは、年齢により1回から4回接することにより免 疫ができます。

20.肺炎球菌ワクチンとは
肺炎球菌は、小児に重い感染症(髄膜炎、菌血症)、肺炎、中耳炎などを引き起 こす細菌です。特に、小児の髄膜炎の90%は、前回の一口メモでご紹介したイン フルエンザ菌か、あるいは肺炎球菌によって発症します。従って、肺炎球菌ワク チンとヒブワクチンの両方を接種することによって、髄膜炎の発症は大きく減ら すことができます。肺炎球菌ワクチンは月齢2カ月から9歳以下の乳幼、小児に 接種できます。

21.便秘
便秘とは、排便回数が少なくなり、便が硬くなり、排便が困難になる状態をいい ます。便秘の症状は、腹痛、嘔気、嘔吐、食欲不振、おしっこがでにくい、お腹 がはる、排便痛などです。特に、集団生活において、便意を催した時にすぐに排 便ができない環境の中で、排便を我慢することが多くなると便秘になりやすいの です。早寝早起きをして、朝食後にゆっくりと排便をしてから、登園する習慣を つけたいものです。

22. トイレットトレーニングの開始
2歳から3歳の幼児期前期が基本的生活習慣を繰り返し教えるのに適しています。 便意や尿意を大脳が感じとり、排泄後のさっぱり感を味わうことができます。排 泄行動の自立の時期はかなり個人差がありますたとえ3歳までに排尿、排便がう まく完成できなくとも無理をしないで気長に指導を続けましょう。4歳から6歳 の幼児期後期は人まねが上手な時期でもあります。

23. おむつの交換時期
排泄のそぶりのサインを見つけて、おむつを交換します。臭いはもちろんのこと、 ぐずったり、身震いしたり、寝ていて目をさましたとき、なかなか寝付かない、 落ち着きがなくなったり、お股をおさえたり、ピョンピョンはねたり、腰をふっ たり、しゃがんだり中腰になったり、物陰にかくれたりしたら排尿のサインです。 おむつの交換間隔時間を排尿間隔と考えていいでしょう。

24. おまるに座らせるタイミング
おむつ交換の間隔が2時間ぐらいになったらおまるにさそう準備をはじめます。 排尿の予測した時間を過ぎてもまだおむつがぬれていなければ、おまるに誘いま す。もし、おまるに座るのをいやがったら、お母さんが座ってお手本を見せまし ょう。このとき、実際にお母さんが排泄する必要はありません。お子さんがおま るで排泄ができたら、出たものを見ながらよろこんであげましょう。

25. おたふくかぜワクチンについて
おたふくかぜにかかると平均1週間は隔離の必要があり、その間は保育園には登 園は出来ません。入園前にワクチン接種をすませておくとよいでしょう。おたふ くワクチンによる抗体獲得率は約95%ですから効果は十分にあります。副反応で 心配されている無菌性髄膜炎の発症率は約0.1%ですので、実際におたふくかぜに かかった場合の無菌性髄膜炎の10%の発症率よりはるかに低いのです。

26. 麻疹ワクチンについて
麻疹にかかると発疹と約1週間続く発熱があり、解熱後3日経過しないと保育園 に登園できません。また、合併症として中耳炎、肺炎、脳炎等があり、決して軽 い病気ではありません。この麻疹の予防にはワクチンがとても有効で約95%の抗 体獲得率があります。通常は1歳と5歳で接種しますが、2回目の接種を5歳で できなかったお子さんには、中学1年生かまたは高校3年生のときに2回目の予 防接種ができます。

27. 飛行機にはいつ頃から乗せられるでしょうか
飛行機に乗るときには、赤ちゃんの疲労を考えれば首がすわる3カ月以降が望ま しいとされています。搭乗時間の長い国際線では支えればお座りのできる6〜7 か月がよいでしょう。飛行中は気圧の変化により耳が痛くなり機嫌が悪くなるこ とがあります。このような時にはミルクや飲み物を哺乳瓶で飲ませる、幼児では 飴などをなめさせるとよいでしょう。機内では退屈しないようにおもちゃも用意 しましょう。

28. プールや海にはいつから連れていってよいでしょうか
海やプールは紫外線が強いため、皮膚の薄い乳児や幼児では皮膚炎、やけどや熱 を出すことがあります。海への往復の負担を考えて、7か月を過ぎた頃から海水 浴やプールへ連れて行ってあげるとよいでしょう。1歳6か月を過ぎれば水の中 に体をつけることもでき、2〜3歳になれば、大人と一緒に10分位は水に入って もよいでしょう。海辺やプールでは直射日光を避けるために長袖の服や帽子をか ぶせてあげましょう。

29. 赤ちゃんに絵本を読んであげるのはいつ頃からがよいでしょうか
赤ちゃんは絵や言葉の意味がわからなくても、お母さんやお父さんが読んでくれ る声はわかります。一般に4、5カ月くらいになると、絵本を通じて赤ちゃんと のやりとりを楽しめるようになります。この頃にファーストブックと呼ばれてい る赤ちゃん絵本を読んであげるといいでしょう。ただし、絵本よりも歌をうたっ てもらったり、抱っこしてもらっているほうが機嫌がいい赤ちゃんには、時期を すこし遅らせます。

30. 絵本の種類
本屋さんにはたくさんの絵本が並んでいて選ぶのに迷います。乳児向けのファー ストブックとしては、身近なもの、例えば食べ物、動物、家族、乗り物、生活用 品等が描かれている「ものの本」がいいでしょう。また、幼児には、物語りを楽 しむ「物語絵本」、物を詳しく見せてくれる「観察絵本」、写真が展開されてい る「写真絵本」、いろいろな仕掛けが楽しめる「仕掛け絵本」等があります。

31. RSウイルス
RSウイルスは毎年秋から冬にかけて流行し、乳幼児にゼーゼーする咳や鼻水、 発熱を起こします。喘息によく似た症状が特徴的で、細い気管支に炎症(細気管 支炎)を起こしやすく、呼吸が苦しくなり入院することもしばしばあります。 RSウイルス自体は珍しくはなく、子どもの約90%は2歳までに感染する、一般 的なウイルスなのです。しかし、感染の回復後も咳やゼーゼーを繰り返す場合が あり注意が必要です。

32. ロタウイルス
ロタウイルスは生後6カ月から2歳にかけて最も多く、5歳までにほぼすべての 乳幼児に感染して急性胃腸炎をおこします。日本では11月から3月に流行し、 冬季乳幼児嘔吐下痢症とも呼ばれています。潜伏期は短く1〜2日で下痢、嘔吐 が主な症状で白色便が特徴的です。感染予防には、ワクチンが有効です。ワクチ ンは2回、口から飲み、生後6週以上で4週間以上の間をあけて生後6カ月まで に終わらせます。

33. 座薬を入れてしばらくして便をしてしまった時はどうしますか
座薬が解熱剤の場合は、使用目的が解熱ですので緊急性は高くありません。座 薬がそのまま出てしまった場合は新しい座薬を入れ直しますが、それ以外では3 0分位様子をみて熱が下がらずにぐずるようなら再挿入すればよいでしょう。け いれん止めの座薬の場合は、30分以上経過していれば再挿入の必要はありませ ん。15〜30分以内に排便をしたときには新しい座薬を再挿入しましょう。

34. 子供が飲みづらい薬をのませるには
シロップでは粥状食品を加えてペースト状にしたり、パンやカステラに浸して 食べさせる方法があります。こな薬では苦みやざらつきを改善する必要がありま す。苦みをやわらげるにはプリン、ヨーグルト、シュークリーム等の乳製品に混 ぜ、苦みを隠すには、チョコレート、ココアが用いられます。甘味を好まない子 には、味噌汁、ポタージュ、のりのつくだ煮、ふりかけ、レトルト食品が使われ ます。

35. 母乳を続けていると虫歯になるのでしょうか
 母乳そのものは虫歯の原因にはなりません。口の中に残った食べかすを虫歯菌 (ミュータンス菌)が餌にして「酸」を作り、その「酸」が歯を溶かすために虫 歯ができます。食べ物や果汁に含まれる果汁や砂糖には注意が必要です。これら を頻回に飲ませることは止めましょう。虫歯を防ぐには、離乳食が始まったら歯 磨きをします。また、家族から赤ちゃんに虫歯菌がうつらないように、家族全員 の歯磨きが大切です。

36. 授乳中にこどもが乳房を噛むときはどうしますか
 授乳中に赤ちゃんに噛まれるのは痛くてつらいものです。哺乳中は、赤ちゃん の舌は乳房と下の歯との間にありますから噛むことはありません。噛まれるのは 哺乳を止めているときです。この時にあわてて引き離そうとするとさらに強く噛 まれることがあります。赤ちゃんの口にお母さんの指を入れてそっと乳房を離し ます。また、噛まれそうになったら、逆に、赤ちゃんを乳房にしっかり引き寄せ る方法もあります。

37. 子どもを取り巻くたばこ環境
 子育て中のご両親、またはどちらかが喫煙している割合は減少傾向にあります が、まだまだ少なくありません。家庭内の受動喫煙は、子どもの肺炎、気管支炎、 滲出性中耳炎、気管支喘息発作、乳児突然死症候群等の誘因になります。さらに 妊婦が喫煙すると、胎児への影響も大きく、流産や低出生体重児の原因にもなり ます。ご両親、お子さんにとっても安心、安全の子育て環境を整備しましょう。

38. 母乳育児はお母さんの体にとってもいいことがあります。
 母乳は子どもにとって多くのメリットがあることはよく知られていますがお母 さんにも利点があるのです。母乳育児をした女性の乳がん、卵巣がん、子宮体が んの発生率が、母乳育児をしなかった女性に比べ少ないのです。さらに、骨粗鬆 症の防止、妊娠糖尿病から糖尿病へ移行の予防に母乳栄養が重要であり、また、 成人病である、肥満、高血圧の危険が少なくなることも報告されています。

39. 夜泣き
子泣きは赤ちゃんが育つ中で1歳半位までは普通に見られます。夜泣きの原因に は、体の異常もありますが、多くは赤ちゃんの不安や緊張、過度な緊張が挙げら れます。赤ちゃんが穏やかに眠れるためには、寝る時間になったら、部屋を暗く して静かな環境にします。赤ちゃんの夜泣きが始まったら、背中をトントンした り、抱っこしたりしますが、お母さんがイライラせずに穏やかな気持ちでいるの が大切です。

40. 子供が飲みづらい薬の飲ませ方
シロップではパンやカステラに浸して食べさせる方法、苦みのあるこな薬では溶 かさずに、バナナ、りんご、加糖乳、プリン、ヨーグルト、シュークリーム、ジ ャム、蜂蜜、チョコレート等と一緒に飲ませるといいでしょう。乳製品は苦みを やわらげ、チョコレートのようなカカオ系の食品は苦みを隠す作用があります。 また甘味を好まない子供には、味噌汁、ポタージュ、ふりかけ、レトルト食品等 を使う方法があります。

41. ノロウイルスについて
昨秋よりノロウイルスによる胃腸炎が猛威をふるっています。一般に、気温が急 激に下った時に全国で同時に流行するとされています、感染後12時間から2日で 吐気、嘔吐、下痢、腹痛、発熱等の症状が出ます。子供や老人のような抵抗力の 弱い集団で流行し、しだいに周囲の介護者へ拡がります。感染経路はほとんどが 口からです。食事前、トイレの後、調理前は石鹸を泡立てて手をこすり洗いし、 よくすすぎましょう。

42. 食物アレルギー
食物アレルギーは、特定の食物を食べた後に体に発疹が出たり、息が苦しくなっ たり、下痢、嘔吐がみられたりします。対策は、原因となっている食物を食べな いことです。しかし、アレルギーの程度により、原因食物を少量食べるぐらいな ら問題ない場合もあり、一律に過剰な食事制限にならないように注意しましょう。 また。アレルギーでない食物までも不必要に除去することのないようにしましょ う。

43. どもり
幼児期のどもりは約2%程度あり、その50〜75%は自然治癒します。治癒を促すた めには、ゆっくり話すように指導します。そのためには親もゆっくり話し、長い 文章、難しい言葉は避けます。子供の話を途中で遮らないで最後まで聞き、子供 に話す時間的な余裕をもたせます。また、子供がどもった時でも親は表情、態度 を変えずに平然と聞きましょう。日頃の生活の中で、ゆったりと子どもと接する ことが大切です。

44. 花粉症
花粉症は、スギ、ヒノキ、カモガヤ、ヨモギ、ブタクサ、シラカバ等の花粉に対 するアレルギーが原因ですが、中でもスギ花粉症が増加しています。花粉による アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎の対策はマスク、帽子、メガネの着用、 洗顔、うがい、鼻をよくかむことを習慣づける、帰宅時には髪や衣服を払ってか ら家に入りましょう。さらに抗アレルギー薬の内服に加えて点眼薬、点鼻薬の外 用療法も有効です。

45. 手足口病
平成25年の夏は、手足口病が流行しています。これは名前のとおり、手(肘、 手の甲、手のひら)、足(膝、足の甲、足底)、口腔内やおしりに水疱性の発疹 が見られる病気です。原因となるウイルス一つではなくエンテロウイルス属に分 類されているコクサッキーAウイルス(種)やエンテロウイルス(種)等の感染 です。そのため2回以上かかることもあります。今年はコクサッキーA6型の感 染が多いようです。

46. ヘルパンギーナ
夏かぜ様の代表的な病気の一つで6〜8月頃に流行します。喉が痛くなり、38〜 40度の発熱が1〜3日位続きます。のどの奥に小さな水疱様の発疹が多数見られ るのが特徴です。手足口病と異なり手や足には発疹はありません。原因となるウ イルスは、コクサッキーAウイルスが多く、まれにコクサッキーBウイルスやエ コーウイルスがあります。治療は、ウイルスに対する特効薬はなく解熱剤などの 対症療法で対応します。

47. 肺炎球菌ワクチン
肺炎球菌は多くの乳幼児に感染し、全身感染症としては菌血症、髄膜炎、局所感 染症としては副鼻腔炎、中耳炎、肺炎、気管支炎をひきおこすバイ菌です。この 菌に対する肺炎球菌ワクチンが平成25年11月より変わりました。従来のワクチン には肺炎球菌のうち7つの種類が含まれていましたが、新しいワクチンには肺炎 球菌の6つの種類が新たに加わり、より多くの種類の肺炎球菌に対して免疫を持 つことができます。

48. インフルエンザワクチン
インフルエンザワクチンを接種してもインフルエンザに罹患することがあり、ワ クチン効果に疑問を感じる方もいます。しかし、ワクチンのインフルエンザ発症 阻止効果は、他のワクチンよりも多少低いものの、症状の重症化の防止効果、死 亡率の軽減効果も含めて、インフルエンザワクチンの有効性は確認されています。 3歳以下の児へのワクチン接種量も諸外国並みに増量され、その効果も期待され ています。

49. 子供が自分の頭をたたいたり、壁に打ちつけたりする行為
子供が「頭打ち」を繰り返す場合は、コミュニケーションがとれているかを確認 しましよう。快的刺激として行うこともあり、対策には同じリズムの音楽を聴か せる、カスタネット等をリズミカルに叩かせる等があります。その子にとって、 おかれている状況が苦痛であるとの意志表現であるなら、その状況を変えてみま しょう。又、相手の気を引こうとする注意喚起行動であれば、要求には応じる必 要はありません。ただし、マットを敷いたり、ヘルメットを使用しながらけがを させないように注意します。

50. 弟や妹をたたいたり、いじめたりする
毎日兄弟げんかをしている家庭は70%、上の子が下の子をかわいがっているのは 90%とのアンケート結果があります。けんかをしても仲がいいというのが一般的 な兄弟仲でしょう。しかし、4〜5歳になっても相手を一方的にたたいたり、い じめる行動が続き、仲よく遊ぶ場面がほとんどない場合は注意すべきです。また、 保護者の方のその子への愛着が、ほかの兄弟に比べて不十分なことがないかも考 えてみましょう。

51. 重症な乳児湿疹は食物アレルギーからおきるのでしょうか
湿疹がひどい場合は食物アレルギーが疑われ、離乳食の開始を遅らせたほうがよ いと考えられてきました。しかし、湿疹の原因がすべてアレルギーだけによるも のではなく、スキンケアー、外用剤の塗布、環境の整備によって改善することも 多くみられます。そのため、最近は離乳食の開始は生後5〜6か月が適当とされ ています。しかし、ある特定の食物を食べてから湿疹が悪化したときは医師に相 談しましょう。

52. 歯ぎしり
歯ぎしりは睡眠中に、無意識に上下の歯をこすり、歯を食いしばったりする動作 で、その音で気づかれます。したがって上下の歯が生えそろった後におきます。 約20%の子供にみられ、多くは成長過程で自然消失します。しかし、非常に強い 歯ぎしりの場合は、睡眠障害、歯の摩耗、顎、頭、顔の痛みなどの症状を伴いま す。原因は未だに不明ですが、睡眠、生活の夜型化やストレスによって増悪する ので注意が必要です。

53. 離乳食の量には決まりがあるのでしょうか
離乳食の量については、各年齢での目安が厚労省の発行する「離乳の基本」に書 かれています。しかし、これはあくまで標準的な量であり、個々の乳児により食 事量に大きく違いあるのは当然です。したがって、食事の量は乳児の食欲に合わ せて決めても問題はありません。その際には、健康であり生活リズムができてい るか、糖質、蛋白質、脂肪、ビタミン等の栄養バランスが保たれているかに注意 をしましょう。

54. 遊び食べ
子供は好奇心が旺盛です。2〜3歳までは食べ物を口の中で味わうだけでなく、 口から出したり、手でいじったり、食卓を散らかし放題にもします。子供にした ら食事を急ぐ必要もありませんから時間も気にしません。お母さんはイライラす るかもしれませんが、あわてずに片づけをしたり、代わりに他の食べ物を用意し ます。散らかしや遊び食べの程度も2歳、3歳と次第に減少し4歳位から落ち着 くようになるでしょう。

55. 虫刺され
5〜8月にかけて虫刺されの季節になります。乳幼児では、蚊に刺された後に赤 く腫れ、硬くなり痒みを伴います。子供は掻きこわしやすく、びらんや出血をお こし、そこにばい菌がつくと「とびひ」になってしまいます。刺されたら、すぐ に冷やしてから痒み止めの軟膏を塗ります。予防は、蚊の多い場所にいくときは 長袖、長ズボンで手足を保護し、服に覆われていない部分には子供用の虫除け剤 を塗ります。

56. 指しゃぶり、爪かみ
指しゃぶりは5歳位まではよくみられますが、3歳位には多くは自然になくなり、 歯並びにも影響はありません。しかし3歳以降も続く場合は、前歯が出っ張った り、歯並びが悪くなったり、物を咬むときに口が開いたままになることがありま す。対策としては、ボール遊びやブロックなど手足を使う運動や積極的に外遊び をさせます。就眠時に指しゃぶりをする子には親の手を握らせながら寝かせるの もよいでしょう。

57. おねしょ(1)
 一般におねしょ(夜尿)は5歳児では80%でみられなくなります。夜尿症とは5歳を 過ぎても週に2回以上のおねしょが3カ月以上連続することをいいます。 ただし治療が必要なのは、小学生になっても月に数回おねしょをする場合です。 生活指導では、夕食を早めにとり、夕食後の飲水はなるべく控え(200ml以下)、 就寝前には必ずトイレで排尿させます。それでも効果がないときは医療機関での 薬物療法があります。

58. おねしょの治療(2)
 おねしょがよくなる過程は、その時刻が真夜中からしだいに明け方に移行して、 最後は朝までおねしょをしなくなるのです。前回ご紹介した生活指導を2〜4週 行ってもおねしょが改善しない時には、薬物療法や夜尿アラームという装置で治療します。 薬物療法に使われるお薬は、就寝前に飲み、尿の生成を抑制するものです。 夜尿アラームとは、パンツに装着したセンサーが夜尿に反応して音がでるものです。

59. 薬を飲んでいるときの予防接種
 薬を飲まなければならないような症状があるときは、予防接種について主治医の先生に相談をしましょう。 予防接種ができない薬には、経口ステロイド薬、帯状疱や水ぼうそうの治療に使われる抗ウイルス薬、 γグロブリンの注射薬があります。ステロイド薬は、ぬり薬や吸入薬として通常量で使われている場合は問題ありませんが、 処方されたのみ薬中にステロイド薬が入っていないかを注意しましょう。

60. 卵アレルギーの子に予防接種はできるのでしょうか
 ワクチンの製造時に鶏卵を使用しているのは、インフルエンザワクチンと黄熱病ワクチンです。 麻疹、MRワクチンは鶏?培養で製造されますが、卵白は含まれていません。 よって、注意するのはインフルエンザワクチンですが、これに含有されている 卵白量は極く微量なので、ほとんどの子は接種可能です。 卵接種後に重篤なアレルギー症状(アナフィラキシー)をおこした子については主治医の先生と相談しましょう。

61. 秋に多いウイルス感染症 ライノウイルス感染症
 ライノウイルスは感冒症状をおこす主要なウイルスです。 春と秋に多く、小児も成人も罹患します。成人では風邪の半数がライノウイルスによるとされています。 症状は発熱、鼻汁、鼻閉、咳、のどの痛みですが、インフルエンザのような高熱、関節痛等は多くありません。 ライノウイルスは人間の免疫系に作用して喘息症状を悪化させるため、 秋に喘息発作が増える要因の一つに考えられていますので注意しましょう。

62. 秋から冬に多いウイスル感染症 RSウイルス
 RSウイルスは毎年秋から冬にかけて流行し、乳幼児では最も頻度の高い呼吸器感染症です。 生後1歳までに70%、2歳までにほぼ100%が感染します。症状は発熱、ゼーゼーする咳や鼻水、 喘息によく似た症状が特徴的で、細い気管支に炎症を起こしやすく、 痰がつまって呼吸が苦しくなり入院することもしばしばあります。 治った後もゼーゼーを繰り返しやすくなります。RSウイルスは鼻から簡単に検査ができます。

63. 2015年のインフルエンザワクチン
 今年(2015年)のインフルエンザワクチンにはA型が2種類、B型も2種類のインフルエンザの型が含まれています。 昨年まではA型2種類、B型には1種類でしたので、ワクチンの対応できる型が増えたのですが、 ワクチンの価格が高くなってしまいました。 そのため接種率が下がる懸念があり、これが気がかりです。 インフルエンザの各製造メーカーの値上げ幅がすべて同じであるのはとても不自然です。

64. おへそが出ているとき(臍ヘルニア)
 臍ヘルニアは、泣いたり、排便時に腹圧がかかったときに、あるいは常に腸が皮膚の下に出てきてしまい、 おへそが突出する疾患です。 通常は1歳までに自然治癒しますが、2歳まで続く場合は手術をしておへその穴を閉じます。 おへその突出症状が強いと、臍ヘルニアが閉鎖した後にもたるんだ皮膚が残る場合があります。 最近は、この余剰皮膚の予防のために早期に臍ヘルニアの圧迫療法も行われています。


2019年9月7日更新